愛車の大難で危うく両親から拝借をするはめに!

こちらは、学生時代は自家用車で通学していたのですが、通学途中に2都度大きな自家用車の不幸を起こしてしまいました。最初は、真冬の朝方、下り坂を走っていて妨げがロックしてしまい、自家用車が止まらなくなり、しるし保留で止まっていた自家用車に後ろからぶつかってしまいました。個人をひいたわけではなかったので、婦警を呼び、不幸治療を通してもらい、折衝が成立しました。折衝給与は50万円でした。当時、パートで一応キャッシュを貯めていたので、ネックはなかったのですが、危うく親から借用を通して、折衝給与を支払う事でした。また、2度目はユニバーシティからの戻り、大きな交差点での不幸でした。2度目も目標が自家用車だったので、最初において、婦警を呼んで、不幸治療を通してもらい、折衝が成立しました。2度目は目標が商人職業の個人だったので、認可にキズを置きたくなかったので、折衝が成立しました。折衝給与は70万円でした。パートで貯めていたキャッシュも70万円を払ったところで、下をつき、3度目の不幸を起こすと、借用をすることになるので、とにかく人心地運営をすることに勉めました。それからは知人からプレイに誘われても、お金がなく撥ね付ける年中が続きました。何とかして、キャッシュを貯めようとパートを大勢して、その後は親から借用をすることなく、社会人になることができましたが、終了旅行に行くことができず、終了式で、その話題になったときに、「いく物質だったのか」と、痛感しました。そのときにキャッシュに困っていたことを思い起こします。http://datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E6%82%AA%E3%81%84.html